私が待ちわびた内博貴が4年ぶりに帰って来た 〜内博貴LIVE2017の感想〜

前半は曲のネタバレは避けています。
後半、曲名を出す部分はネタバレ予告します。

 

 

4年ぶりにライブが実現しました。

 

思えば2017年4月23日の日曜日、ラジオでの「もう特にやりたいことない」という一言は、慢心ではなく絶望だったのかもしれない。

絶望という言葉が重すぎるなら諦めか。

 

2013年、一緒に活動していたバンドの仲間が退所し、ライブをする体系を失った。

直後なんとかクリエ公演をおこなったものの、そこから4年間、舞台だけでライブのない期間が続いた。

 

2017年5月1日、webのブログで「本当はライブをしたい」という本心が伝えられた。

だけど今回のライブで漏らした「色々あんねん」「スケジュールは空いてる」という言葉から、本当に色々と事情があってできずに苦しい思いをしていたのかもしれない。

 

「半分、いや、半分以上、もうライブできないのかなって思ってた」とも言った。

 

私も思っていた。

でもそれは大人の事情的にじゃなくて、これまで本人から語られなかったので、内君は舞台が楽しくて専念したいのだろうか、もうライブをしないのだろうか、と思っていた。

 

Ⅴ.WESTから16年間、内君の歌声が大好きだった。

やっとCDデビューしたと思ったら取り消しになっちゃうし(それは自業自得だけど)、そのあとCDが出ることはないし、サントラの数曲だけでもありがたいくらいだった。

私が舞台を観に行く一番の理由は、CDが出ない内君の歌は舞台でしか聴けないからというのが大きな理由だった。

 

それでやっと、四年ぶりにライブが実現したんだ。

あ、内君は4年ぶりにTDCに帰ってきたと思ってるみたいだけど、最後のライブはjuicyでジュースを作ったクリエです。

 

久しぶりに内担が浮き足立って、会場にピンクのアイテムや服を身につけた人がたくさんいて、それだけで浮かれちゃって楽しかった。

ライブが実現したんだね。みんな嬉しそうだなって色んな人の顔を見てた。

 

オープニングの曲の歌い出しでシルエットが幕に映った時、それはまるでエイトのExciteのオープニングのようだった。

ああ、内君が帰ってきたんだ、って思った。

今年の春にも舞台を観たのに、「やっと帰ってきた」って思った。

 

レーザーが光って、ライトがピカピカして、私がずっと見たかった光景だった。

もう見れないのかと思っていた。

 

で、客席を見上げたら、広がっているピンクのペンライト。

私は「公式以外持ち込めないし、内君の公式ペンライトないし諦めよう〜」と思っていたんだけど、なぜこんなにピンクのペンライトが?!って驚くくらいキラキラしていた。

 

その正体がわかったのは、トラジャが出てきた時でした。

突然カラフルに変わるペンライト。

どうやらトラジャの色を変えられるペンライトで、トラジャ担の皆さんがピンクにしていてくれたらしい。

内君のメンバーカラーがピンクなんてもう10年以上前の話なのに、トラジャ担の世代の子達は知っていたんだろうか。

諦めていたピンクのペンライトの海、とても嬉しかったです。

ありがとうございます。

トラジャはダンスが揃っていて、努力もしていて、素敵なグループなんだなって知りました。

内君の曲、半分ぐらいは10年以上前の曲だったし、音源化もされてないし、Jr.に歌い継がれているわけでもなくて、わからない曲も多かっただろうに合わせてくれて本当にありがとう。

 

あとは、どうしてもやりたかった博貴コール。

いままでは他のJr.やバンドとやることが多くて「アンコール!」だったり、手拍子だったり、内Qのときは「うちクエ!」だったり、内君の名前を呼べる機会がなくて、今回は絶対に、「内君のライブを待ってたよ!」って伝えたくて、博貴コールがしたかった。

できた。

嬉しかった。

明日もできるといいな。

舞台ばっかで騒ぐ機会なかったからさ、出し切りたいな。

次、いつあるかわからないから。

 

アンコールで落下物が降ってくるとき、内担が目もくれずまっすぐ内君を見ていたのが印象的でした。(気のせいかもしれないけど)

 

またしばらくこの光景が見れないかもしれない。

ここで見ておかないと、もう見れないかもしれない。

ずっと待ちわびたこの景色を目に焼き付けておかなければ。

そんな気持ちが伝わってくるような内担たちの後ろ姿でした。

 

年に一回はしたいね、って言ってくれたのが実現するといいな。

グッズがたくさん売れて、盛り上がれば、可能性があるかしら。

 

いままではⅤ.WESTだったり、エイトやNEWS、内Qで仲間がいたけど、今は内君ひとりで頑張らなくちゃいけない。

でも、内君を見たいファンがいるぞー!って声をあげれば、売り上げで示せば、盛り上がりを見せれば、何か変わらないかって思ってる。

 

アラサーが何を夢みたいなことをって感じだけど、社会人のアラサーだからこそ売り上げとお客様の声の有り難みを知っとんねん!

変わるといいね。

 

 

さて、ここからは曲のネタバレがあります。

 

 

◆セトリ


今、此処に
Believe My Story

Let's go! Let's go!

星ひとつ

Master key

愛って?

3ピース

crave it

juicy

 

MC

 

Without Your Love

 

(Travis Japan

CHA-CHA-CHA チャンピオン

Let it burn

 

My life

24時間with me

Answer

Fighter

?(サビが「0の誓い」から始まる曲)

share our heart

 

(アンコール)

好きなだけTODAY

Hi!Hi!HIROCKY

 

 

好きなだけTODAY、「新曲やろか〜」って言ってたけど、あれは悪ふざけです。笑

15年くらい前の曲です。

 

今、此処に。

「願いはきっと時を越え 魂はずっと消えないで 伝わるよ だから 涙を拭いて」

復帰の時に生まれた曲だね。

内担は待つことも多くて、悔しい思いをすることもあって、でも願いが伝わったな、叶ったなって思う瞬間もあって、それを表しているみたいで、私はこのフレーズが大好き。

 

Let's go! Let's go!は、自担が「I wanna get your smile」「君の願い事を全部叶えてあげるよ」って歌ってくれるの最高じゃない?それにコールアンドレスポンスがあって、レスポンスできるのって、最高じゃない?

 

私にとってBelieve My Storyは、進路に迷っていた中学生のころに背中を押してくれて、だから望む高校にも大学にも行けるように頑張れて、いま仕事ができてるなって思うくらい、節目を作ってくれたとても大切な曲。

信念を作ってくれた曲。

CD化されてないから、聴けたの久しぶりで嬉しかったな。

また頑張ろう。

 

Master keyのイントロ、「わあっ!」ってなるよね。

あー!いま内くんのライブ来てんな!って気分が高まる曲。

 

crave itやjuicyは内くんの美声が活きてて、聞き惚れる。

 

Answerは、私が内担になったキッカケの曲。

深夜にテレビを見ながら「運命としてよ、Baby」のフレーズで雷が落ちたの覚えてる。

 

Fighter、Ⅴ.WESTの曲だけどExciteで見ていたのでエイトのイメージが強くて、「V.WESTやソロでこんな曲あったっけ?!」って大混乱して、気づくの時間かかった。笑

 

好きなだけTODAYは、盛り上がるね。

大好き。

バカになろうぜ〜!的な曲。

楽しいことだけ感じられる。

 

Hi!Hi!HIROCKYは、歌で自担の名前をコールできるのが最高です。

 

バラードは内君の伸びのある声が綺麗で惚れ惚れするよ〜〜(まとめたな)

全部好きだよ。笑

 

Ⅴ.WEST時代の曲が大好きで、CD化もされてないんだけど、そういう曲を今でも聴けるのが嬉しいな。

新曲がバンバン出ると、昔の好きな曲って埋もれちゃうから。

でも新曲も聴きたいな!

アンコールで新曲なんていうから、ちょっと期待したわ!笑

 

長くなったな。

でもこれで、またしばらくライブがなくても、記憶の引き出しを開けやすくしておきたくて、たくさん書きました。

 

どんどん上書きされるくらいライブが増えることを願います。

 

 

 

追記

内くんのライブではいまだにⅤ.WESTの曲を歌うので、Ⅴ.WESTの曲を聴きたい人はぜひ内博貴情報メールの登録をお願いします。
登録は無料です。

SHOCKもカウントダウンコンサートの申し込みもできます。

次のライブがあるときは、ぜひ!!

詳細はこちら。(ジャニーズnetに繋がります)
http://www.johnnys-net.jp/page?id=jfcMail